2009年10月31日

映画の誘い方

気になるあの人を映画に誘いたい時、
あなたは、どうしていますか?

「映画、観にいかない?」と誘える人は良いですが
なかなか難しい人は。

@現在もしくは近日中に公開される
 映画のパンフレットを集めましょう。

Aその人と会話の途中で
 「最近、何か映画観た?」

B映画のパンフレットを取り出して、
 これが良いとか、これが面白そうとか
 パンフレットを眺めながら話しましょう。

C相手の興味のありそうな5枚を選んで
 「この中から3本観るとしたら
  どれが良いと思う?」と尋ねましょう。

Dその3枚を残して
 「どの順番で観たら良いと思う?」と尋ねましょう。

Eそして「じゃあ、これ観に行こうよ。」と誘いましょう。

 映画のパンフレットを眺めながら話しているうちに
 映画の世界に入り込んで興味を持っているので
 きっと、OKしてくれます。

F最後の一言が言えなかったあなたは
 敗者?復活戦です。

 映画のチケットを買って、
 「この間、観たいって言っていた映画、
  自分も観たくてチケット買ったんだよね。観にいこうよ。」
 と誘いましょう。

 微妙な相手には<一緒に>という言葉は
 使わないほうが無難です。
 <一緒>より<映画>を強調しましょう。


 あと2ヶ月もするとクリスマスです。
 一人ぼっちのクリスマスイブを避けたいなら
 勇気を持って頑張りましょう。
 
 きっと楽しいクリスマスを迎えられます。


posted by プラチナ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | デート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

富士山初登頂の2日目(登頂成功!)

9月7日、山小屋の方が声をかけて起こしてくれました。

睡眠中に頭が痛くなったのですが
呼吸がゆっくりになり、
酸素不足で高山病の症状が出たのでしょうか。

外に出ると、さすがに寒い!
慌ててカッパを着こみました。

青い色から、だんだん明るくなっていく空、
期待感が高まります。

薄青い雲の海から、金色の光が輝きあふれ出し、
とうとう太陽が姿を見せ始めました。

ここでしか見ることの出来ない夜明け、黄金色の雲海、、、
声も出せずに、ただただ感激の時間が過ぎていきます。

太陽が昇りきったころに、山小屋の方が
「今シーズン、一、二を争う御来光です。」と教えてくれました。

澄み切った空気の中、
今年、二度目という大島も見ることができました。


6時30分、荷物をまとめて、
いよいよ山頂を目指して出発です。

富士山ホテルは8合目の一番上なので
吉田口の頂上までは、元気いっぱいで、
8時30分に到着、結構早く登ることが出来ました。

でも、日本一高い場所は、火口の反対側にあります。
火口の周りをぐるりとまわるお鉢周りスタートです。

途中は、足を滑らせると危険そうな場所もあり、
最後の急な坂では、何度も休み休みながらの頑張りです。

10時20分、着きました!
日本最高峰、富士山剣が峰、標高3,776m。

感激と暑さで、心も身体も熱々です。
日焼けの危険も顧みず、タンクトップで山頂の風を感じてみました。

酸素濃度は平地の3分の2
登頂率は7割だそうです。

普段、全く運動をしない私にアドバイスして
応援してくれた方々のおかげで、無事に登ることが出来ました。
本当にありがとうございました。

また来年も登れるかな?




続きを読む
posted by プラチナ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。