2010年03月20日

第7回プラチナ交流会

3月19日金曜日、北24条のモハン・ディッシュにて
第7回プラチナ交流会が開催されました。

会場の関係で22名の参加と、12月の半分以下の人数でしたが
その分、ほとんど全員と話すことが出来たようです。

今回はインド文化に親しみ、インド料理を楽しむということで
半数以上の女性が、用意されたインドの民族衣装を身にまとい、
会場は華やかな雰囲気に包まれました。

実際に着ているパンジャビスーツと
綺麗なブルーのサリーを見せながらの
インドの服装や習慣についての説明は面白かったですね。

サリーが7メートルの1枚の布をたたんだり、
とめたりして着ると言う説明には
女性だけでなく男性の皆さんも興味深々でした。

東京や福島からの男性の参加もあり、
時間の経つのが早くて、20時開始だったのに
あっという間に23時になってしまいました。

最後に、色とりどりの華やかな女性を前面に
全員で記念写真を撮り、閉会となりました。

初対面の人が連れ立って、
そのまま二次会へと向かう姿もみられ
今回は少人数とはいえ、大変楽しい交流会になりました。

次回は5月にお花見でのプラチナ交流会を企画する予定です。
また新しい出会いがあると良いですね。

posted by プラチナ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 交流会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

指先でつかむ女性の心

最近のお洒落な女性はネイルサロンにいったり
爪のお手入れに余念がありません。

手は、普段からきちんと手入れしないと美しさが保てませんし、
急に爪を伸ばしたり手を綺麗にするのは無理です。

だからこそ、よく手に年齢が現れると言いますが、
そのほかにその方の日常生活も指先に現れるのです。

とくに女性は男性の手というか指先をチェックしています。

いくら、新しい服を着て、高級ホテルで食事をしても
爪が割れていたり、ささくれやひび割れが出来ていたら
がっがりです。

日本では男性のネイルケアはまだまだですが
その人の生活レベルがわかってしまうので、
欧米のある程度のクラスの男性にとっては当たり前のことです。

ネイルサロンに通えとは言いませんが、
爪をきちんと短く切り、かさかさしているなら
ハンドローションを塗ってマッサージするとか
きちんとお手入れをしてくださいね。

女性は清潔感のある男性を好みます。

あとは無意味な動きをさせないこと
自分の髪の毛や顔にさわったり、パタパタ動かすのはやめて
基本的には両手を組んで片方の太ももの上に載せておくと
落ち着きがあって好感が持てます。

品のある素敵な男性という印象を女性に残すことが出来ます。
posted by プラチナ at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性への好感度アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

沖縄の結婚相談室からのアドバイス

沖縄の結婚相談室から、こちら札幌の方に申し込みがあり
そのときに、いろいろとお話を伺いました。

沖縄も札幌と同じで、女性のほうが男性より多いという
全国と反対の状況だそうです。

札幌の女性は、同じ札幌の男性と結婚を望みますが
沖縄の女性はどんどん、大阪や東京に申し込みをして
結果、いわゆる玉の輿にのる女性も結構いるそうです。

玉の輿が良いかどうかは別として
その積極性はすばらしいと思います。

札幌の女性全員が札幌の男性と結婚するのは
札幌の男女の比率から考えて絶対に無理です。

しかも、北海道の男性と結婚したいという
本州の女性までいるのですから、
札幌の女性も、本州進出を視野に入れて
婚活すると良いのではないでしょうか?
posted by プラチナ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

ホワイトデーのプレゼントで告白?

いよいよ、明日はホワイトデーです。
本命の彼女へのプレゼントは用意できていますか?

女性がほしいものはアクセサリーが一番人気です。
その次にファッション雑貨と小物です。

全体の3分の一の女性は、お菓子は欲しくないと思っています。
とくにマシュマロはNGかな?
6割の女性が欲しくないものにマシュマロをあげています。

彼女の好みにあうアクセサリーやファッション雑貨を
男性のあなたが選ぶのは至難の業です。
きょう、慌てて選ぶくらいなら、いっそ彼女と一緒に選びましょう。

小さなものほど、二人で仲良く選べますし、
女性はショッピングが大好きですから
その時間そのものが、彼女へのプレゼントにもなります。

バレンタインデーにチョコレートをもらっていない女性に
プレゼントする男性も少数派ですが存在します。

また友達レベルだけど、彼女になって欲しい女性がいるなら
大切な人へのプレゼント選びに付き合って欲しいとお願いして
OKしてもらえたら、それってデートですよね?

「女性が欲しいと思うものが、わからないので、
あなたが欲しいと思うようなものを選んで欲しい、
予算はこれくらいです。」

お礼に食事をご馳走して(これもデートですよね?)
最後にそれをプレゼントするというのはどうでしょうか?

ちょっと恥ずかしいけれど、ショッピングに付き合ってくれたくらいの女性なら、あなたに好感は持っているはずです。
戸惑いながらも喜んでくれると思いませんか?

プレゼントを受け取ってくれたからといって
彼女になってくれるわけではないかもしれませんが、
あなたの気持ちを伝えることは出来ます。

きょうが最後のチャンスです。
切羽詰ったお願いモードで
勇気を出して連絡してみてくださいね。
posted by プラチナ at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

彼を惚れ直す瞬間

やはり、弱っている時の優しさは心に響くものです。
重い荷物を持ってくれるのも、自分を気遣ってくれる優しさですね。

posted by プラチナ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性への好感度アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。