2009年08月20日

ダイビングインストラクターの話

きょうの札幌は強い雨が降っています。
半袖では寒い感じです。

ダイビングインストラクターの方と話しました。

「海の中では、痩せている人より
太っている人の方が寒くないし浮力があって良いのでしょうね?」
と、尋ねたところ、

「そう思っている方は多いのですが、実は違います。」

「脂肪は熱を生み出すことが出来ないので、太った方は、
いったん体温が下がってしまうと、寒くなってしまいます。

それに比べて筋肉は熱を作るので
痩せた筋肉質の人は、海に入った当初は、寒がりますが、

「はい、ちょっと泳ぎましょう!」と
泳いで体を動かすと、体が温かくなり、寒くなくなります。

また、浮力は、100キロ以上とかの方なら
多少は浮力がつく程度で、それほど大きな差はありません。」

だそうです。

過剰なダイエットは良くありませんが、
やはり、脂肪を筋肉に変える努力は必要ですね。


posted by プラチナ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 美と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。