2010年02月10日

献血センターに拒否されました!

札幌雪祭りの大通り会場を見た後で
札幌駅前のアスティ45の7階にある
献血センターに行きました。

目的は、当たり前ですが献血をしたくてです。

ちょうどエレベーターが一緒だった若いカップルの
男の子のほうが、女の子に
「もしも不足していなかったら、今日はやめようね。」と
言っていましたが、女の子は初めらしく少し不安そうでした。

きょうは、O型は充分だったようですが
残りの血液型は危機的不足になっていました。

二人とも(私もですが)、O型ではなかったようです。


いつも通りにパネルの質問事項に答え、
ほんの少し痛い献血前の採血をされました。

この時、ゴムバンドに私の髪の毛が巻き込まれてビックリ!
こんな経験は生まれて初めてです。

私より、バンドを巻いた看護士さんの方が
驚いていましたが、、、(少し可笑しかったです)


待つこと数分、名前を呼ばれて
次の血圧測定へ

と思ったら

「比重不足で、今日は献血不可です。」と
宣告され、追い討ちをかけて
「あ、血圧でも駄目ですね、低すぎます。」

がっかりです。
ちなみに、献血できるのは 血圧90以上です。

幸いにも先ほどのカップルは無事に献血できるようでした。
良いですね、二人で献血なんて。
やはり、幸せのおすそ分けでしょうか?

これからも、二人で仲良く献血してくださいね。







posted by プラチナ at 22:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
献血時にいろいろチェックしてくれるんですね。あまり普段は血圧とか気にしていないけどそういう機会にチェックできていいことですね。私はO型ですがアメリカでは一番必要とされていますがこれも国ごと違うのかしらね?
Posted by  玲子 at 2010年02月25日 01:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。