2010年03月04日

無償の愛

田舎に住む可愛い女の子がいました。
そこへ、都会から家柄が良く教養のある青年がやってきて
彼女をモデルに絵を描きました。

二人は恋に落ちるのですが
当然のように青年側は賛成はしませんでした。

ある日突然、彼女の元へ、青年の母がやってきて彼女に質問をしました。

「今、息子は、あなたの外見に惹かれて結婚しようとしています。
でも、しばらく時間がたつと、自分とは何もかも違うあなたに失望して、結婚したことを後悔するでしょう。」

「あなたは息子の重荷になりたいですか?」

彼女は答えました。
「私は彼を愛しているので、重荷になりたくありません。」

「では、私と会って私から言われたということは話さずに
息子と別たいと手紙を書いてください。」と母親は言いました。

そこで彼女は、彼にひどい手紙を書きました。
「あなたがお金持ちだったので、ちょっと遊んでみたかっただけです。」わざわざ、誤字脱字入りで下品になるように書きました。

そして、彼はそれで納得したのでしょう。
二度と連絡は来ませんでした。

彼の心に綺麗な自分を残すこともしないで、
跡形もなく消し去ったのです。

彼女は生涯を独身のまま終わりました。

これは赤毛のアンシリーズに出てくるお話ですが
こういう愛情を、私たちは忘れてしまっていないでしょうか。

人は、本当に相手を愛した時、
自分がどうなっても相手の幸せだけを願うものなのですね。



posted by プラチナ at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
彼は、それで幸せになったのでしょうか。私も、今、釣り合わない彼と付き合っています。私と付き合って彼が家族を落胆させたり、苦労をするのではないかと悩んでいます。
Posted by コユビ at 2010年03月08日 00:32
物語の中では ありがちなストーリーです。でも、現実の世界では どうでしょうか?好きになった人を諦められますか?私には無理です。
Posted by 雪ダルマ at 2010年03月08日 15:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。