2010年03月07日

女性の妊娠力のタイムリミット

最近の女性は、20代では仕事やプライベートを楽しみ、
30代で結婚や出産を考える人が多くなっています。

ところが女性の生殖機能は、30歳代から衰え始め
35歳を過ぎると急激に妊娠力が落ちてしまいます。

卵子の老化が進み、妊娠したとしても
流産の確率が高くなります。

40歳前後になると、排卵はあっても受精能力のある卵子が
出てくる確率は急速に減り、妊娠は難しくなります。

30代女性で不妊に悩む人は10人に1〜2人もいて
不妊治療を受けている人は全国で28万人以上です。


体外受精継続妊娠率

40歳・・・約28%
41歳・・・約20%
42歳・・・約14%
43歳・・・約9%
44歳・・・約3%
45歳・・・約1%
posted by プラチナ at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック