2013年12月04日

女性がまた逢いたくなる食事の会話

気になる女性と初めて食事にいったら
どんな会話をしたら良いのでしょうか。

絶対にしてはいけないのは
負の言葉を使うこと。
例えば、この店、イマイチだね、
あんまり美味しくないね。

食事を楽しみたいと思っているのに
負の言葉を言われると、テンションが下がってしまいます。

また、自分ばかり話して、女性を聞き役にしてしまう。
自分の仕事や興味のある話をしているうちに夢中になって
語り始めてしまう男性は結構います。

相手が目を輝かせて、身を乗り出して聞いているなら別ですが、、、。

自分は話して女性も相槌を打ってくれたのに
次回に繋がらなかった経験はありませんか?

女性を楽しませると、次回もまた逢いたいな
一緒に食事したいなと感じます。

いったい何を話せば良いのか分からないと思っている男性は
見えているものを話題にしてみてください。
コツは、女性に「そうですね」と答えてもらえれば良いのです。

お店のインテリアを話題にして
面白い照明ですね。
クリスマスカラーですね。
座り心地の良い椅子ですね。

お料理がきたら
可愛い器ですね。
これ、なかなか美味しいですね。

ここまでで、女性はあまりなにも考えなくても
「そうですね」と言っていられるので気が楽ですし、
プラスの言葉なので楽しい気分になれます。

そして気分がほぐれたところで
女性が興味を示した部分の話題を発展させてみてください。

例えば、こういう座り心地の良い椅子も良いけれど
面白い椅子があるお店もあるんですよ。

「どんな椅子ですか?」

天井から鎖で下がっているブランコの椅子とか
3人位座れそうな大きな赤い椅子があるお店があるんです。

「すごいですね、座ってみたいですね」
じゃあ、今度一緒に行ってみましょう。

次回のお約束ができました。

小さなYESをもらう努力をしてください。
小さなYESは共感です。

もちろん、女性の話にも、どんどんYESをあげてくださいね。





posted by プラチナ at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 好感度アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。