2009年07月20日

後悔しないスナップ写真の撮り方

華やかな結婚式、祝賀会、たくさんの写真が写されます。

当然、花嫁さん花婿さんの写真は数限りなく、
後で整理するのが大変なくらいで、素敵な写真も多いでしょう。

実は後悔しないようにというのは、
挙式した二人以外の方たちのスナップ写真のことです。

両親家族は、挙式から結婚披露宴まで一緒にいるので、
挙式と披露宴の合間をみて一緒に撮ることが出来ます。

しかし、式に参列しない親戚や友達は、
運が良ければ祝賀会中に一緒の写真を撮れますが、
控えめで遠慮がちな方などは、
テーブルから動けずに、なかなか一緒に写れません。

もっと寂しいのは、せっかく出席したのに
自分が写った写真が1枚も無いというものです。

そこで、カメラマン担当の方には、各テーブルをまわって、
全員の写真を撮るようにお願いしておきましょう。

また、親戚や友達には花嫁さん花婿さんを囲んでの
集合スナップ写真を撮りたいということを、あらかじめ伝えておき、
その時間を見越して早めに来てもらいましょう。

一生に一度の思い出の写真、お祝いしてくれる人の
たくさんの笑顔を残したいですね。
posted by プラチナ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 挙式の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

引出物、食べちゃった!

結婚披露宴につきものの引出物ですが、
欠席した方のものとして用意してある分は
代理の方にも渡せなくて残ってしまうことがあります。

当然、式場からは持って帰ってください。と渡されます。

北海道の場合、会費制が多く、
急に欠席になった方からも会費は頂いていますから
たとえ欠席でも引出物もお渡ししてください。

食べ物などの場合でも、
あとで「食べちゃった!どうしよう?」
などということがないように
出来るだけ早く、きちんと、お届けしてくださいね。

posted by プラチナ at 22:06| Comment(0) | 挙式の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

結婚式の貸衣装

結婚式が決まったら、挙式する二人の周りの人もいろいろな準備があります。
その中に当日の衣装をレンタルする場合があります。

父親のモーニングならサイズを合わせるだけなので簡単ですが、
母親は留袖になり、柄選びだけでなくサイズもあわせるので大変です。
特に背の高い手の長い方は、裄(ゆき)<洋服でいうなら袖>の長いタイプを選ばないとなりません。
普通の長さのほかに裄長(ゆきなが)タイプの着物も用意されています。

背の高いお母様を持っている方も安心して結婚してくださいね。
posted by プラチナ at 17:19| Comment(0) | 挙式の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。