2013年12月12日

褒めがいのある女性に

褒められると、大抵の人は嬉しいものです。

でも、世の中には、褒め外のある女性と
そうでもない女性がいます。

良いところを見つけて認めて
その気持ちを表現して褒めてくれています。

それなのに、恥ずかしい気がして
「そんなことありませんよ」と慌てて相手の言葉を打ち消したり
言わなくてもよい説明をしたりする人がいます。

余計なことは言わないで
素直に「ありがとう」と言いましょう。

褒めた相手が喜んでくれたら
褒めがいもありますし、
気分よく、また、次回も良いところを見つけたら褒めてくれます

褒められると嬉しくなって人はどんどん輝いてきます。
褒めがいのある女性になって魅力アップしてくださいね。
posted by プラチナ at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性への好感度アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

男性が作って欲しいクリスマス手料理

男性は、やはり女性の手料理にあこがれます。

難易度の高い、手の込んだものも多いですが
大好きな彼のために、今から作り方のチェックをして
クリスマスは手作りディナーも素敵ですね。



6位  ミーとローフ
7位  オムライス
7位  チーズフォンデュ
7位  ミートパイ
10位 七面鳥の丸焼き
posted by プラチナ at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性への好感度アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

パーティーに何を着ていく?

クリスマスパーティーに
何を着ていけばよいかと悩んでいるなら、
ワンピースを選びましょう。

キラキラしていなくても良いから
柔らかさ優しさを演出しましょう。

男性が女性に求めるのは
柔らかさフワフワ感です。

素敵な男性に女性として出逢いたいなら
どんなに華やかなデザインや素材でも
パンツスーツはやめておきましょう。

ビジネス上のパーティーなら
パンツスーツで仕事の出来る女性を
印象付けても良いですけれど。

スーツなら、柔らい素材を使ったスーツで
スカートはフレアー等が良いですね。
タイトスカートはビジネスです。

あと、せっかくワンピースや
素敵なデザインのソフトスーツを選んでも
色が黒というのは出来るだけやめませんか?

私はパーソナルカラーリストですが
実は黒が本当に似合う人は少ないのです。

どんな人でも、その人の良さを引き出す色を持っているので
いろいろは色にチャレンジしてください。

アクセサリーをつけるときは
バッグの留め金や時計の金属も
シルバーかゴールドで統一するとセンス良く見えます。

優しく上品に、そして華やかな装いが完成したら
素敵な出逢いが待っている
クリスマスパーティーに出かけましょう。

札幌のクリスマスパーティーなら
http://www.sunncreate.co.jp/
posted by プラチナ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性への好感度アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

デートの時に男性が女性に望むこと

女性は、男性にリードして欲しいし、
デートのプランを立ててもらうのが嬉しいものですが
1回や2回なら良くても、毎回考えるのも大変なものです。

何でも良いわ、どこでも良いわ。
と言うのは実は男性を困らせていることになります。

また、手をつなぎたくても
断られたら、、、と考えいてるかもしれません。

握手だって、男性から女性へは求められないものですから
少しは女性も積極的になって、
彼の気持ちを楽にしてあげたいものですね。

posted by プラチナ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性への好感度アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

柔らかく透明感のある女性は魅力的

男性が女性に求めるものの一つに
素直さというものがあります。

これは男性の言うことを何でも
「はい」と言って聞くことではありません。

良いものを見たら感動し
悲しいことがあれば泣き
嬉しいことがあれば喜び
何かしてもらったら「ありがとう」と言える

様々なことに敏感に反応感動し
素直に感情表現出来ることです。

自分が、私が、と自分が出すぎると
硬くてごわごわしていそうな女性に見られます。

相手を受け入れる柔軟性が必要です。
男性は自分と対決する女性を望んではいません。

自分が彼女のためにしてあげたことを素直に喜び
透明な彼女に自分の色を加えていきたいのです。

年とともに知識や経験は増えていくでしょうが
透明感や柔らかさは失わないでいたいものです。




posted by プラチナ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性への好感度アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。