2009年07月30日

母親は彼女の未来の姿です

この女性と結婚しよう!と決めたら
プロポーズの前に彼女の母親に会ってみましょう。

彼女の母親が優しく好感の持てる女性なら
直ぐに彼女にプロポーズしましょう。

もしも、母親があなたと合わないタイプだったら?

プロポーズは少し待って、何故母親と合わないのか、
彼女が本当に自分のパートナーにふさわしいのかどうか、
もう少しよく考えてみましょう。

母親の外見は、将来の彼女の姿です。
特に、表情に気をつけてください。
眉間にたてジワがあったり、口角が下がっていたり、
厚化粧だったりしませんか?

会話がかみ合わなかったり、
考え方に大きな相違がある場合、
彼女とも将来的に意見が合わなくなる可能性大です。

父親と息子は、それほど似てきませんが、
母親からの影響は大変大きく、年を重ねるうちに、
母娘は一卵性双生児のように似てくる場合が多いのです。

若さや可愛いさに隠れて、目に入らなかったことが、
何年かするうちに、良くない意味で気になって
どうしようもなくなることがあります。

気がついたら、実は母親とそっくりな欠点や
あなたとの意見の相違かもしれません。

大切な人生のパートナーです。
本人だけでなく、彼女の友人や
ご家族とも仲よくなれるかどうか確認してください。


posted by プラチナ at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

女性が結婚OKと感じる男性のメッセージ

男性は、結婚したら妻には家にいて欲しいと考える人がまだ多く、
女性は、結婚しても今の自由を手放したくはないし、
自分の楽しみは続けたいと思っています。

さらに、今の世の中、働き続けたい女性は増えて、
奥様が専業主婦でいられるような家庭も確実に減っています。

このような状況の中たとえ、専業主婦の可能性が無く、
共働きが確実であっても、いいえ、確実であればあるほど、

男性が抱いている家庭がどんなものかによって、
女性は、その男性と結婚しても良いかどうか判断しています。

結婚相談で、男性が出すメッセージでNGなのは
「子供がたくさん欲しい」とか「2世帯住宅を建てました」
「○○歳までの女性希望」というような、男性中心の
女性の意識を尊重していないものです。

女性は男性の従属物になりたくて結婚するわけではありません。
対等のパートナーとして、
お互いを尊重し合って生きていきたいのです。

男性は、そういうメッセージを送り続けてください。
そうすれば貴方にふさわしい女性が、
近い将来、貴方の前に現れることは確実です。
posted by プラチナ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

結婚を決めた理由

posted by プラチナ at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

結婚したいのに相手がいないのは何故?

結婚したい人はたくさんいるのに、結婚相手が見つからないのは何故でしょうか。
結婚相談室にもたくさんの登録者がいますが、2年たっても結婚できている方の方が少ないのです。

例えば、45歳で初婚の男性は、どんな女性を探すと思いますか?
初婚ですから、当然子供が欲しい、
となると子供を生める可能性が高い30代の女性を望みます。
これは50歳の男性でも同じです。

では33歳の女性はどうでしょうか。
自分より5歳くらい上までの男性を希望する人が大半です。

このギャップに早く男性が気がついて、
条件を変えると結婚の可能性が高くなります。
posted by プラチナ at 22:14| Comment(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。