2010年11月10日

合コンのNG話題

11月はイベントの少ない時期ですが
そういう時期の合コンはなおさら楽しみたいですよね。

そのときに気をつけたいのは
遅刻をしないことと、話題です。

下記のような自分本位の話題では
相手が興味を持ってくれません。

相手が興味を持てるような共通の
楽しい会話を心がけて彼氏や彼女への好感度を上げたいものです。

posted by プラチナ at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 好感度アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

レディファーストの仕方、受け方

レディファーストと聞くと抵抗のある男性もいるかもしれませんが、実はこれは女性を守るための考え方です。

女性を守ることに関して抵抗のある男性は、
あまりいないと思いますが、
実際にどう行動するのがレディーファーストかというと
悩んでしまう方も多いかもしれません。

また女性のほうも、そういうマナーがわかっていて
素直に受けたいものです。

レストランに行ったときは、
基本的に女性が優先です。

着席も、食べ始めるのも、複数であって紹介するときも
すべて女性が先です。

つまり、女性が座らないと男性は座れないし、
女性が食べ始めないと、男性は待っていなければなりません。

男性は女性のためにドアを開けたり、
椅子を引いてあげたり気を配ります。

ワインやアルコールを注ぐのは男性の役目です。

女性を守るということでは、道を歩くときは男性が車道側にたち、
女性の荷物が重たければ男性が持つようにしましょう。

でもハンドバッグはいくらなんでも男性ではなく
女性が持ってほしいものです。

洗練されたマナーで、男性も女性も気持ちよく
好感度をアップさせてくださいね。
posted by プラチナ at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 好感度アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

どんなメールが心をつかむ?

どんな時に、どんなメールをもらったら
心に響いて、そのメールをくれた人が特別な人だと
意識し始めるのでしょうか。

やはり、何かがあって、落ち込んでいる時です。

仕事で失敗したり、体調が良くなかったり
何か苦しいけれど誰にも言えずに悩んでいる時に

何気なく、自分を気遣ってくれるような
それでいて、さりげないメールをもらうと
ホロットしてしまいますよね。

だから、いつもマメにメールをする人は
自分でも気がつかないまま、相手のそのタイミングに
メールをしている確率も高くなります。

気になる相手は、待っていないで
負担にならないような、
気遣いメールを時々送ると良いと思いませんか?

あなたの優しさにうたれて、あなたを特別な異性として
見てくれる日がやってくるに違いありません。
posted by プラチナ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 好感度アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

相手は自分の心を写すし出す鏡

ベルベル・モーア著「星からの宅配便」という本の中に、
「千の鏡のある広間」という作品があります。

一匹の犬がある寺院の広間に迷い込みました。
すると無数の犬が自分を睨んでいるので、
その犬たちに歯をむき唸り吠え掛かりました。

すると相手の犬たちも歯をむき吠え掛かってきました。
そこで犬は怒り狂って吠え、
最後には疲れて死んでしまいました。

しばらくして別の犬がこの広間に迷い込みました。
すると無数の犬がいたので沢山の仲間が
嬉しくて尻尾を振りました。

すると相手の犬たちも尻尾を振って歓迎してくれたので、
すっかり良い気持ちでその広間を出て行きました。

もうお分かりのように、吠えた犬も、尻尾を振った犬も、
鏡に映った自分です。

自分が相手に対して感じることは、
実は自分の心を相手に投影していることが多く、
恋愛中でも同じです。

相手を疑う人は自分が疑われているように感じるし、相手を
否定する人は相手が自分を否定していると感じてしまいます。

相手を受け入れている人は、相手も受け入れてくれていると
感じて感謝しています。
そういう人は自然に人をひき付けます。

彼氏や彼女にして欲しいことは、まず自分からしましょう。
そうすると感謝が感謝を呼び、
思いやりのある優しい関係を築いていけると思いませんか?
posted by プラチナ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 好感度アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

携帯に関する恋人への要望

相手の携帯を見る人と、見ない人は、
ハッキリ分かれるようですが、
お互いが同じタイプでなければトラブルになりますよね。

4割の女性は、自分のは見てほしくないけれど
相手の携帯は見たことがあるそうです。

女性のほうが携帯のいろいろなことに敏感です。

posted by プラチナ at 11:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 好感度アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。